トップサイトの種類と宿泊施設

フリーサイトと区画サイト


キャンプ場にはフリーサイト区画サイトの2種類のサイトがあり、どちらも一長一短があります。
混雑期か閑散期か、またご自身がどんなキャンプがしたいかを考え予約しましょう。

<フリーサイト>
フリーサイトフリーサイトとは好きなところに自由に車を止め、テントが張れる
サイトのことです。
基本的に場所取りは早いもの順なので、トップシーズンには場所の
確保が難しく、また、早いチェックインが必要です。
一方、オフシーズンなどの空いている時期ならば広いスペースが
確保でき開放的なキャンプが楽しめるでしょう。
フリーサイトで注意すべき点は駐車場が別にあり、サイトスペース
と離れている場合もあるので、その場合荷物の運搬に非常に手間が
かかります。事前によく確認しておきましょう。





<区画サイト>
区画サイト区画サイトとは区切られたスペースが割り当てられるサイトです。
ロープだけで区切ってある場合や植木などで区切られている
ことがあります。
フリーサイトのようなワイルドな感覚はありませんが、
プライベート性が高く、安心感があります。予約さえすれば
区画は確保されるので、レジャーを楽しんでからゆっくり
チェックインできます。



キャンプ場の宿泊施設


キャンプ場の宿泊施設

キャンプ場の宿泊施設はテントサイトだけではありません、バンガロー、キャビン、コテージ、トレーラーハウス、パオな
ど様々な宿泊施設があります。もちろんテントサイトに比べ値段は高いですが、エアコンを完備している施設も多いので、
暑い時期、寒い時期は重宝します。宿泊施設にはバーベキュースペースや屋根なども併設されている場合が多いので、
気軽にキャンプ気分が味わえます。
これから、キャンプを始めようという方はまずはこういった宿泊施設を利用し、キャンプ場内のいろいろなサイトを見て
購入するテントやタープなどのキャンプ道具を検討するのもおもしろいです。

キャンプ場選びのポイント


ここまでサイトの種類や宿泊施設について説明してきましたが、キャンプ場選びには他にも重要なポイントがあります。

施設は充実しているか?
キャンプ場には高規格キャンプ場と呼ばれるところもあり、そういった所は露天風呂や家族風呂なども完備しており、
炊事場などの施設も非常にきれいです。初めてのキャンプであればこういった高規格キャンプ場をお勧めします。
炊事場やトイレなどが屋内にある場合もあり虫の苦手な女性にも安心です。
他にもアスレチックや釣り堀、プールなどいろいろな施設もあります。

イベントなどは行っているか?
最近のキャンプ場はいろいろと志向のこったイベントを行っているところも多いです。例えばビンゴ大会、宝探しゲーム、
キャンプファイヤーや様々な教室など、テレビなどの娯楽がないキャンプだけにこういったイベントは楽しいものです。
特にお子様連れのファミリーキャンプなら盛り上がること間違いなし。キャンプ場で出会った他の参加者達と盛り上がる
ことも思い出になります。

周辺にレジャー施設はあるか?
キャンプ場でノンビリ過ごしたい方には必要ないかもしれませんが、アクティブ派にはやはり周辺のレジャー施設も重要。
退屈して間延びしてしまわないように、滞在中に遊びに行けるレジャー施設があるかどうかも事前の確認が必要です。


上手な予約の取り方


アウトドアブームのせいか、経済不況のせいか、今やキャンプ場は大人気でハイシーズンにもなると人気のある
キャンプ場の予約をとることが困難なほどです。
キャンプ場により予約受付が1カ月前からや3ヵ月前からなど決まっているので、予定がはっきりしていなくとも
まずは予約をしてしまいましょう。行ける可能性のある日を複数予約してもいいでしょう。
大抵のキャンプ場では1週間前までにキャンセルをすればキャンセル料などがかからないので最悪キャンセルも可能です。

インターネットから、もしくは直接電話での予約となります。キャンプ場によっては有料の会員登録をすることで、優先的に
予約が取れるキャンプ場もあります。
また、ハッピーフライデーと称し金曜土曜日で連泊しても土曜日の宿泊料金だけしかかからない(ハイシーズンを覗く)
キャンプ場もありますので賢く活用しましょう。


キャンプについて

設営と撤収

キャンプ道具の使い方

火のおこし方

キャンプ場レボート

LINKS

コールマン特集