トップ飯盒炊飯のやり方

飯盒炊飯のやりかた


飯盒炊飯のやり方を説明致します。余談です飯盒でごはんを炊くことをが正しくは飯盒炊飯ではなく飯盒炊爨
(はんごうすいさん)といいます。
ここでは火力調節のしやすいツーバーナーで行いますが、飯盒炊爨は焚火でも炭火でも可能です。炭火などで行う場合は
弱火ゾーンと強火ゾーンを作り火力を調整しましょう。

飯盒製品一覧 icon

お米を研ぐ

お米を研ぐお米は自宅で計量し袋に小分けしておくと便利です。
現地で計量する場合は飯盒の内蓋が2合、外蓋が3合
となります。
自宅でやっているようにお米を研ぎ、水を入れます。
よく、水の量は第一関節ぐらいとか手首ぐらいとか
言いますが人により違うので、当てになりません。
メモリで測りましょう。
水の量は飯盒内側のメモリ、上が4合、下が2合
となりますので、3合の場合は上下メモリの間ぐらい
になります。
水を入れたら蓋をして30分間浸しておきましょう。



ご飯を炊く

飯盒を火にかける飯盒の中ふたは外してください。
まずは飯盒を弱火で10分ほど火にかけます。
飯盒から湯気が吹き出てきたら沸騰した
合図なので、沸騰したら強火にし、吹きこぼれない
ように飯盒の上に石を置きます。
強火で10分〜15分ほど火にかけます。
だんだん蒸気の量が減ってきます。
飯盒に鼻を近ずけ匂いで確認します。
ほのかにご飯の焦げる匂いがしだしたら
炊けた合図です。
飯盒を火から下ろしひっくり返して蒸らしましょう。
蒸らしの時間は10分から15分程です。

















炊きあがり

炊きあがり蒸らしが終わったら蓋を開け適度にかき混ぜて
完了です。













キャンプについて

設営と撤収

キャンプ道具の使い方

火のおこし方

キャンプ場レボート

LINKS

コールマン特集