トップタープの種類

タープの種類


タープの種類には主に
「スクリーンタープ」「ウィングタ―プ・ヘキサタ―プ」「レクタングラータ―プ・スクエアタープ」「カーサイドタープ」
などがあります。特徴はそれぞれありますが近年はスクリーンタープとヘキサタープで人気を二分するかたちとなって
います。大人数ならばレクタングラータープ、デイキャンプなど手軽に使うならカーサイドタープも便利でしょう。
タープも有名各社キャプテンスタッグ、ロゴス、コールマン、スノーピーク、小川キャンバルなどから発売されています。
基本的にはテントとタープは同じメーカーの物を選ぶと見た目もきれいだと思います。
特にコールマン製品ではテントとタープをセットとして使うように設計されている場合も多いので適応表を確認し、
相性の良い製品を選ぶようにしましょう。

コールマン タープ&テント連結適合表

スクリーンタープの特徴

スクリーンタープテントと同じようにポールでドーム状に組み上げ、設営します。
見た目は床のないテントといった感じで四方が囲まれている
ため、プライベート性はタープの中でも群を抜いています。
逆を言えばその形状から、解放感はヘキサタープより劣ると言える
でしょう。
メッシュスクリーンとなっているので虫の苦手な女性や
お子さんでも安心です。また、フルクローズすることも可能なの
で雨天時に雨が吹き込むこともなく、寒い時期でも比較的タープ内
は暖かく過ごせます。
タープ内でBBQなどをすると煙の逃げ道が少ない為、オススメはできま
せん、キッチンとしての利用は不向きだと思われます。

スクリーンタープ製品一覧 icon

ウィングタープ・ヘキサタープの特徴

ヘキサタープウィングタープ、ヘキサタープ共に2本の支柱と6本の張り網で立ち
上げるタープです。
違いはシートの形状にあり、ウィングはひし形、ヘキサは六角形の形
をしています。ヘキサのほうが面積もあるため、最近ではほとんど
ヘキサ型が主流となっています。
解放感は抜群で、張り網を調整することで風にも比較的に強いです。
収納性、設営の速さはスクリーンタープよりも優れています。

ヘキサタープ製品一覧 icon





レクタングラータープ・スクエアタープ

レクタングラータープレクタングラータープは2本のメインポールと4本のサブポールを
使って組み上げます。シートの面積が広いため大人数向きと言える
でしょう。サブポールがあるため、屋根の高さも高く、解放感が
あります。
なれるまでは比較的に設営には手間がかかるでしょう。
また、その形状により風には弱いという面もあります。
ポールの本数が多い為、収納はかさばります。

レクタングラータープ製品一覧 icon





カーサイドタープ

カーサイドタープミニバンなどの背の高い車に取り付けて利用するタープです。
サイドドアに取り付けるタイプとハッチバッグに取り付ける
タイプがあり、デイキャンプや簡易的なキャンプには重宝します。
設営も簡単で収納時も軽量です。
ただし、居住面積が狭い為ファミリーキャンプには不向きかと
思われます。
また、買い物などで車を使う際はその度にタープをはずさな
ければなりません。

カーサイドタープ製品一覧 icon


キャンプについて

設営と撤収

キャンプ道具の使い方

火のおこし方

キャンプ場レボート

LINKS

コールマン特集