トップテントの種類

テントの種類


ファミリーキャンプで利用するテントの種類には主に「ドームテント」「ツールームテント」「ロッジテント」などがあります。
それざれに特徴があり、ご自身のキャンプスタイルに合ったテントを選びましょう。
一般的な2、3泊のファミリーキャンプであればドームテントまたはツールームテントがかさばらず、設営も簡単なので
手軽でオススメです。
有名メーカーとしてはキャプテンスタッグ iconロゴス iconコールマン iconスノーピーク icon小川キャンパル iconなどがあります。
実際にキャンプ場に行くと9割近くがコールマンのドームテントを利用しています。そういったことから、
無難な製品はコールマン、またはそれ以上の上位の製品(スノーピーク、小川キャンバル)をお勧めします。
コールマンのドームテントに人気がある訳はその知名度とブランドイメージの他にも比較的安価なわりに
ファミリーテントとして十分な性能を備えているということもあると思います。

ドームテントの特徴

コールマン ドームテントキャンプ用品メーカーのほとんどが主力商品として力を入れている。
定番のファミリーテントです。
2〜4本のポールで組み立てられ、インナーテントの上にフライを
被せる形で設営します。
1人でも設営可能で、テントの中でも最も設営が簡単なテントと言え
るでしょう。
10分から15分ほどで設営が可能です。
また、収納性にも優れているため車載時、自宅での保管時にも場所を
とりません。
比較的、風にも強く一般的なオートキャンプ場で利用するうえには
十分な性能を備えています。
ロッジ型テントに比べドームテントはその形状ゆえに多少の圧迫感が
あると言われますが、コールマンのドームテントは一般的な成人男性が
立ち上がったときでも圧迫感を感じないよう、
目の高さにゆとりを持たせるため、テント上部を押し広げた
フレームワークで居住空間がグッと広くなるように設計されています。
ドームテントには2種類あり、テントだけの製品と小さな前室のある
キャノピードームテントがあります。
ドームテントであればコールマン iconスノーピーク iconがオススメ!

ツールームテント

コールマン ツールームテントツールームテントとはドームテントとスクリーンタープが一体化した
テントです。
特徴としてはドームテントとほぼ同じです。比較的風に強く設営も
簡単です。
タープを別で購入する必要がないオールインワンタイプで、雨天時も
タープからテントの移動も完全に雨をシャットアウトするので濡れる
ことがありません。
デメリットとしてはサイトに合わせたレイアウトが楽しめず、
また、テントだけでの使用は不可能となります。
製品としては
キャプテンスタッグ オルディナ スクリーンツールームドームテント icon
ロゴス neos リンクドゥーブルKZ icon
コールマン ラウンドスクリーン2ルームハウス icon
コールマン ワイドスクリーン2ルームハウスII icon
スノーピーク ランドロック icon
などがあります。

ロッジテント

テントの中にリビングと就寝のスペースがあるテントです。高さも十分にあり居住性に優れています。
フレームがドームテントよりも垂直に近い為、圧迫感のない広いスペースが確保できます。
居住性の面ではドーム型よりも快適です。その反面設営には手間がかかり、慣れが必要なことから上級者向けと言えるでしょう。
大人数や長期滞在に向いています。
ポールを組み立ててから、インナーテントを吊り下げその上にアウターテントを被せて設営します。
また、車載時、自宅での保管時にもかさばるため場所をとります。
ロッジテントとドームテントのハイブリッド型であるロッジドーム型テントもあり、ドームテントの設営の簡単さとロッジテントの居住性を兼ね備えています。
ロッジテント、ロッジドームテントなら小川キャンパル iconがオススメ!






キャンプについて

設営と撤収

キャンプ道具の使い方

火のおこし方

キャンプ場レボート

LINKS

コールマン特集