トップランタンの種類と選び方

ランタンの種類と特徴


ランタンには主に「ホワイトガソリンランタン」「LPガスランタン」「LEDランタン・蛍光灯ランタン」
の3種類があります。それぞれに特徴があり、また利用するシーンによって使い分ける必要があります。
2バーナーなどの他の器具と燃料を合わせた物を用意すると燃料が共有できるので便利です。

ホワイトガソリンランタンの特徴

ホワイトガソリンランタンホワイトガソリンランタンはランタンの中でも一番、光量が大きいランタンです。LPガスランタンに比べ燃料コストも安く最も人気のあるランタンと言え,
メインランタンとして活躍してくれるでしょう。
燃料コストが安い半面、ランタン自体はLPガスランタンよりも割高となります。
また、使用時にはポンピング(ガソリンを気化するため)と言う作業が必要になります。
LPガスランタンはガス残量が少なくなってくると灯りが安定しなくなりますが、ガソリンランタンは追加のポンピングさえすれば灯りが安定するという特徴がありまう。冬のキャンプなど寒冷地も頼れるランタンです。

液体燃料ランタン製品一覧 icon

LPガスランタン

LPガスランタンLPガスランタンはホワイトガソリンランタンに比べポンピングなどの
面倒な手間がなく手軽に使えるため近年人気のあるランタンです。
光量はホワイトガソリンランタンに比べ少し劣る程度なので
メインランタンとしても十分なスペックがあり、キャンプ初心者の方
にはオススメです。
製品自体はホワイトガソリンランタンに比べ大分、安価な一方、
燃料コストは高くなります。
また、寒冷地に弱いという特徴もあり冬用のガスを利用してもあまり
光量が上がりません。
メーカーではガスカートリッジの保管は40度以下の冷暗所で保管する
よう指定しています。
真夏の車内などは高温になり爆発の可能性もあるので、
クーラーボックスなどに保管しましょう。
LPガスランタンの弱点の燃料コストですが、家庭用のカセットガスから
キャンプ用のガス缶にLPガスを詰め替えることが出来る
治具なども販売されているので賢く利用しましょう。

ガス式ランタン製品一覧 icon

ガス詰め替え治具の参考URL
ヤフーオークション
つめかえ君

LEDランタン・蛍光灯ランタン

LEDランタン電池式ランタンは主にテント内や夜のサイト内の移動、テーブルランタンなどに使います。
数年前までは蛍光灯ランタンが主流でしたが近年は省エネ設計で光量もあるLEDランタンが人気を集めています。
テント内は吊り下げるフックなどもあるので、選ぶ基準としては光量があり、軽量の物を選ぶと良いでしょう。
手回し、ソーラー、充電、乾電池などの4WAY電源の製品などもあり、キャンプ以外でも災害時にも頼りになるでしょう。

電池式ランタン製品一覧 icon




シーン別ランタンの選び方

居住空間

タープなど居住空間の近くにはメインランタンとして200W相当前後の大光量のLPガスまたはガソリンランタンがあると便利です。

ノーススター(R)チューブマントルランタン
パワーハウス(R)ツーマントルランタン
2500 ノーススター(R)LPガスランタン
などがオススメ!

調理スペース

サブランタンとして料理をする空間を照らす、ランタンがあると便利です。こちらはサブランタンなので140W相当のLPガスまたは
ガソリンランタンがあれば十分だと思います。

ツーマントルランタン
ワンマントルランタン
5155 ツーマントルLPガスランタン
などがオススメ!

タープ内

食事をする時にはテーブルランタンもあると便利です。狭い範囲を照らすので大きな光量は必要ありません。
やさしい明りで料理を照らすLPガスタイプのテーブルランタンなどもありますが、テント内と共用するのなら大き目の
LEDランタンでもいいと思います。

ルミエールランタン
フロンティアPZランタン
クアッドLEDランタン
などがオススメ!

テント内

テント内は火気厳禁です。ランタンはLEDタイプまたは蛍光灯タイプを選びましょう。

クアッドLEDランタン  
マックスレトロランタンツインLED 
蛍光灯ランタン
などがオススメ!


キャンプについて

設営と撤収

キャンプ道具の使い方

火のおこし方

キャンプ場レボート

LINKS

コールマン特集