トップ焚火のやり方

焚火のやり方


ほとんどのキャンプ場では直火は禁止されています。そのため
焚火をする際には焚火台を利用します。薪
焚火に使う薪はホームセンターや現地でも調達できます。
その他には新聞紙など着火剤になるものを用意しておきましょう。
一番簡単なものでは固形の着火剤。他にも新聞紙を3cmほどに
丸め、それを指でくるくると巻いたものなども着火に利用
できます。また、使用済みの牛乳パックにはロウが付着して
いるので長時間燃え、着火剤として利用できます。




      着火剤

準備をする

焚火の準備現地で細い小枝、中ぐらいの枝、少し太めの枝などを適量集めて
おきましょう。
焚火台の上に着火剤などを置き、細い枝、中ぐらいの枝
少し太めの枝の順で重ねていき、最後に薪をのせます。
薪はできるだけピラミッド型に縦にくべましょう。















  

火を付ける

焚火風上から着火していきます。四角から着火すると効率よく
火が回ります。
火の勢いがない場合はウチワなどであおぎ、空気を送ります。
薪まで火が移ったら成功です。
火を絶やさないように、薪の上下をひっくり返したり、新たに
薪をくべるようにしましょう。






キャンプについて

設営と撤収

キャンプ道具の使い方

火のおこし方

キャンプ場レボート

LINKS

コールマン特集